4.15.2010

Back to California part 1

性格も趣味も異なる部分が多い私と旦那ながら、ここはがっつり合うというポイントが二つあり。
それだけで10年持ってるようなもんですよ…ってところが。
一つは酒好きなところでもう一つが旅好きなところ。
学生時代バックパックを背負って色々なところを旅していたお互いの旅歴を披露しあったり、
結婚してからも少ない時間を捻出して一緒に海外旅行へ行ったのは良い思い出。
子供が出来て犬を飼い始めてからはなかなか海外へ行くという事も出来ず、もっぱら日本国内を縦断キャンプしてそれもとても楽しかったのですが、私の中で(息子も小学生になったしそろそろ日本の外の空気吸いたいな〜)という思いが年々沸々と。
そんな気持ちの高まりと時を同じくして、息子の幼稚園時代の親友一家がL.A.郊外へ移住する事に。
「遊びに来ない?」という親切なお誘いを真に受けて本当に遊びに行っちゃえと、息子と二人L.A.へ学校の春休みを利用して行ってきました。
旦那は仕事ながら年に数回アメリカ出張へ行っているので(実は今も出張中)、そろそろ私にも機会をと快く送り出してくれた次第。

海外どころか飛行機に乗るのも初めての息子、どうなることかと心配しましたが
なんのことはなく機内食や映画を楽しんで4時間ほど睡眠もして問題なくLAX(ロスアンゼルス国際空港)着。
利用したのは大韓航空でしたが、機内食のビビンバが噂通り美味しかった。
息子には事前にキッズミールをお願いしてあり。料理内容もこども向けで良いのですが、大人の食事より早く運んで来てくれるところが食べるのが遅い子にとってはメリットあり。お勧めします。

混ぜる前なのであまり美味しそうに見えないけれど、ご飯とチューブ入りのコチュジャンとごま油を真ん中の具材の入った皿に入れて食ベます。

ピザ、太巻き寿司、クリームパン、ケーキ、って炭水化物ばっかり!ですが、旅先だから食べてくれりゃ良いのです。
息子、野菜代わりにトマトジュースを自主的にチョイスしてました。

LAXに降り立つのは実は私にとって20年ぶりのこと。16歳の夏休みにサンディエゴのちょい北のOceanside市のお宅にホームステイしていました。
Oceanside、今はJason Mrazが住んでたりオサレなイメージがあるらしいですが、当時はのどかな海辺の街という風情だった。
ともかくそれが私にとっての初海外体験で、その時それまでの人生観ががらっと変わるほど心が解き放たれる暖かい人たちとの出会いがあり、子供ながらに世界の広さ体感して、それ以来かもなー旅好きはとも思うのですが、その割にカリフォルニアは愚かアメリカへはそれ以来行かず他の地域ばっかり旅していたので、20年ぶりにタイトル通りカリフォルニアへ戻って来たよ、息子連れで!とあいなりました。
ということで、ただ空港に着いたってところまででpart1は終わります。前振りは長いけれど実際の旅行記はあっさり綴る予定です。つづく…

2 件のコメント:

  1. 前振りは長いけれど旅行記はあっさりなんて言わないで、NATSUCOの見たこと感じたことをズバズバ綴ってください。
    期待してるよー。

    返信削除
  2. mrieさん
    やっと旅行記書く余裕がでてきました。ぼちぼち載せていこうかな、と思ってるのでまた見に来てね。
    息子はまだまだL.A.熱が覚めやらず、毎日「また行きた〜い」と繰り返してる!お宅の坊ちゃんに報告したい事も日々あるらしいから、そのうちまた手紙でも書かせるね。私の方はまたメールします(^^)

    返信削除